• 確かな性能で実現した 経済的で快適な育みの住まい

子どもがどこにいても目が届く間仕切りのないLDK。床には水拭きできるフローリング材を採用

予備室を兼ねる和室は、リビングに隣接。普段は開け放して、子どもの遊び場として活用

対面式キッチンとダイニングは家事のしやすさを考えて、動線を短く。左の引き戸の奥が水まわり

清潔感のある白で統一したキッチン。対面カウンターにも人工大理石を張り、掃除をしやすくした

キッチン横には、パントリーを兼ねた家事室を設け、パソコンやデスクワークができる

2階寝室には、整理整頓しやすい造作収納棚を設けたウォークインクローゼットがある

2階南側には「ひと目に触れずに洗濯物を干したい」という奥さんの希望でサンルームを設置

パイン材の腰壁と造作の扉、飾り棚を採用した玄関は、木にこだわったご夫妻のお気に入り

窯業系サイディングを採用した欧風の外観に、玄関ポーチの木製ルーバーが温かみを加えて

確かな性能で実現した 経済的で快適な育みの住まい

娘さんが誕生して2年が過ぎ、賃貸住宅が手狭に感じていたKさん夫妻。タイミングよく、保育園や公園に隣接する理想的な宅地と出会い、新築を検討し始めました。兵庫県出身のKさんは「将来にわたって、結露や寒さの心配のない住まいを建てたい」と考えていました。

性能重視で情報を収集していたご夫妻が「ここなら」と目を留めたのが、岡本建設でした。「会社を訪ねると、とても親身になって話を聞いてくれたうえで、丁寧に性能についての説明をしてくれて、ここなら安心と思いました」。岡本建設は、ご夫妻の希望する暖かな住まいを実現するため、標準仕様に90㎜の付加断熱を施すことを提案。さらに、先々の経済性を考え、寒冷地向け暖房用エアコンの採用をすすめました。

「エアコンだけで暖房? 本当に大丈夫かと若干、不安もありました。でも、性能では定評のある岡本建設さんの提案です。お任せしました」。このほか、子育て中の奥さんは「木質感を大切にしながら、子どもが汚しても気にしなくてよい素材を探してほしい」と希望しました。岡本建設は標準の無垢床よりも、メンテナンスの容易な「ナラフローリング」を採用し、家事動線や収納計画にもきめ細かな配慮をしたプランを作成。2016年9月に新居を完成させました。

「初めての冬、十分に暖かくて、光熱費は厳冬期でも3万円を超えることはありませんでした。改めて、岡本建設さんの性能の素晴らしさを実感しています」。

DATA

十勝管内・Kさん宅/夫婦30代、子ども1人
■建築データ
構造規模/木造(枠組壁工法)・2階建て
延床面積/135.80㎡(約41坪)
<主な外部仕上げ> 屋根/アスファルトシングル葺、外壁/窯業系サイディング、建具/玄関ドア:ガデリウス 木製断熱ドア、窓:YKK AP 樹脂サッシ(トリプルガラス)
<主な内部仕上げ> 床/ナラフローリング、壁・天井/クロス
<断熱仕様 充填断熱+付加断熱> 床下/高性能グラスウール16kg200㎜、壁/高性能グラスウール16kg140㎜+フェノバボード90㎜、天井/ブローイング18kg500㎜
<暖房方式> エアコン

■工事期間
平成28年3月〜8月(約5ヵ月)
メニューを閉じる