現場は面白い

今日は朝から現場周りをしました、いつも現場を回ってくれる助監督くんが忙しいので代わっての一日でした。

現場は楽しい発見があります

先ず札内新北町ののG様の現場、ホールの手摺の取付の写真ですがあまりに多い万力に感動しました、全部で10個ついています(工事日誌では7個って誤って書きました)。完成後ではこの光景が見えませんね。

基礎のアールの型枠の納めです、職人魂に火がつくと工事日誌に載せましたが、この部分を担当した職人さん(浜藤基礎工業の尾形さん)のフェスブックにUPしてあるとのことです、当社の助監督くんが言っていました、

札内北栄町のI様のリビング上部の四角い開口部、元々は400角の大きさでしたが、子供さんの体が入るので危険だとの注意、だがこの部分の暖かな空気を循環したいとの部長の考えで2Fの廊下から暖気を制御(手動)出来る手法をあみ出した、面白い。

面白いといえば、「白い恋人」のお菓子ですねパロディーで吉本興業、「面白い恋人」を売り出してヒットしているとか、まぁ~石屋製菓としては「面白くない恋人」とゆうことになってしまいますね(@_@;)。

月別アーカイブ