サミット2日目

北方圏住宅サミット2日目、8:30分より始まった。

協賛社のプレゼンが1時間ほどあり、後の時間は情報交流分科会に費やした。

分科会は第一分科会テーマが「技術、環境」、第二分科会は「経営、人材」です。

第一分科会は  

1)耐雪、耐震、道産木住宅推進協議会(J建築システム(株)社長) 

            新たな木質構造体とデシカント空調の試み 

2)NPO法人パッシブシステム研究会(奈良建築環境設計室所長)

            パッシブシステムのよる高性能な省エネ住宅の取り組み

3)NPO法人北海道住宅の会(山本 宏氏・元北海道林産試験場長)

            木造道産家2x4部材供給事業

第二分科会は

1)美幌・夢クラブ(高橋 広明氏・(株)高橋工務店社長)

            地域工務店の住宅展示場「エコ・ランド」の取り組み

2)eーハウジング函館(川村 伸之氏・(株)ハウザー社長)

            地域工務店の協働による住宅造成の取り組み

3)NPO法人北の民家の会(武部建設(株)社長)

            「北の民家モデル」と型式認定の取り組み

と言うテーマで発表、熱い思いのお話でした。その後取り組み事例の評価をコメンテーターの先生たちに頂き、全ての行事を終了しました。                    

月別アーカイブ