ジャパンホームショー②

ジャパンホームショー「窓編」

ドイツの製品「pazen」もちろんトリプルガラスです。

ガラスのU値ー0.6、窓全体のU値ー0.77で性能は抜群(今のところではね)

日本初パッシブハウスに採用されている窓だそうです、皆さんいかがでしょうか。

次は「チャネルフェンスター」ガラス、窓枠がスウェーデン、ヒンジはノルウェーで組立が国内・・・道内らしい(シークレットだそうです)。

性能、ガラスのU値ー0.83、窓全体でU値ー0.99です、道内の今までの木製窓から比べると素晴らしい・・・近くで組立している様なので販売を期待していますがどうなんでしょうね。

「アトリウム」社製樹脂サッシ、アメリカはアラスカでの使用を前提にしているとか。

性能はカタログからはU値らしきものは載っていませんが1.2に近そう。

ナーダックビルディんグサプライでの販売「ハイブリットウインドウ」これもアメリカ製でした窓全体でのU値は1.02~1.24です。

窓はピクチャー、オーニング、ケースメント、シングルハング等により性能が変わります

と言うことでトリプルガラスの使用は十勝でも当たり前になるでしょうね、とりあえず国内のコストパフォーマンスに優れているのはエクセルシャノンでU値が1.23ですね。

現在当社での建物の50%はエクセルシャノンのトリプルです。

月別アーカイブ