十勝2x4協会の気密測定と忘年会

8日に十勝2x4協会の気密測定が行われました、当社の気密測定士(高橋部長)がいつも行くのですが現場での打ち合わせがあり、次に木皿君(新人)が代理でと言うことになるはずだったのですが、待望の男子誕生となり、代理の代役で私が参加しました。

まずは、H建設の西22条の現場から、私入るなり現場のウォッチング、写真まで撮らしてもらいラッキー、更には流し台のお値段、箱モノの面材のメーカーまで聞いて勉強になりました、気密性能は0.36とか言っていましたが素晴らしい性能ですね。

次にN建設の西16条の現場、タイル張りの高級な建て物、やっぱり使っている物や造作材の収まりなどが気になりウロウロと・・・、熱交換換気が採用されていて配管経路が気になりましたが意外と綺麗に収まってました。間接照明とタイルの組み合わせも素晴らしかったです、気密性能は0.25とのことさすがですねと。

最後にA建設の札内の現場、急に測定することになったそうですが残念ながら私の時間が無くなってしまい、すぐさま現場内を見まわし、フロアー、建具は東洋プライウッド、流しはタカラ、天窓がついて、その天井にカラマツの羽目板が貼ってありました、そこまで・・・気密測定機のセッティングをみて終了でした。

その夜は十勝2x4協会の忘年会で32名参加の宴会でした。行動する十勝2x4協会らしく、今年は他団体との共催が多かった、NPO北海道住宅の会と十勝産のカラマツを使用した事業を、工務店サミットへの参加、アース21との連携、道産家2x4推進協議会への参加などがあり大変忙しい年でした。遅くまで同業他社との交流は続きました。

なお新年の2月早々にCOFI(カナダ林産業審議会)が本州の工務店を誘って、十勝の2x4の建物見学と当協会との交流にやってくるとか・・・このような工務店の参加するグループが本州では無いそうで、その辺の情報もほしいとのことでした。まさに十勝で頑張る工務店グループか。

月別アーカイブ