エコキュートって・・・。

今日はエコキュートの辛口意見です。

実はわたくし、4年前にエコキュートを取り付けていましたが

残念ながら取り外しをして、電気温水器に戻した経緯があります。

そのためにかなりの不信感があり今年の春にメーカーに問い合わせをしました。

エコキュートのメンテについて

設計寿命は10年  消耗部品以外、電気温水器と同等の寿命

保証期間は 2年間 本体(逃がし弁、減圧弁)リモコン

        3年間 熱交換器、コンプレッサー

        5年間 タンク不良による水漏れ

圧縮機のコンプレッサー不良の場合は CO2冷媒のため部品交換は不可 ヒートポンプユニットの交換になる

:費用 ヒートポンプ(定価40万円)+技術料  ただしR410の冷媒使用のエコヌークはコンプレッサー交換で約10万程度。

性能保証外気温度 寒冷地対応機種は外気温ー25℃で沸きあげ温度80℃、-28℃で沸きあげ温度65℃とのこと。

これらが聞き取りによる意見でしたが、故障時の費用が他の温水器よりかなり高い、

更には音が 冬期間は近所のトラブルとなるほど大きいです、

静まり返った深夜のコンプレッサーの回る音は大変耳ざわりです。

現在更に改良されているとのことですが、説明書をよく見ますと小さな字でお隣と接する場所に室外機を設置する場合は十分注意することとの項目が見えないように書き込まれています。

さてどうでしょうね・・・わたしはこれ等の機種を付けるなら、断熱材をあと50㍉付加または窓ガラスをトリプルLow-Eに予算を振り向けるほうにお勧めしたいです。

ただこの製品の性能はどんどん良くはなってきてはいますので、今後期待はしてはいます。        

                            

月別アーカイブ