住宅実例 - 岡本建設の住宅実例集 施工事例

  • 3世代家族の笑顔が広がる 変則工法もクリアした2世帯住宅

    子世帯は2階からカーポートの上へ行ける。2階に洗濯機や日常的に着る衣類の収納スペースがあり、カーポートの上で干して取り込む動線が便利

  • 3世代家族の笑顔が広がる 変則工法もクリアした2世帯住宅

    親世帯の和室はリビングと続き間。真上は子世帯の子ども部屋になっている。構造上、必要だった柱が、空間のアクセントになっている

  • 3世代家族の笑顔が広がる 変則工法もクリアした2世帯住宅

    子どもの様子がよく分かるよう、リビングを見渡せるようにした子世帯のオープンなキッチン。採光も十分に

  • 3世代家族の笑顔が広がる 変則工法もクリアした2世帯住宅

    家族の靴やコート類が収納できるプライベートな収納空間を設けた子世帯の玄関。たたきの部分には遊び心を加えて

  • 3世代家族の笑顔が広がる 変則工法もクリアした2世帯住宅

    親世帯2階にある納戸。趣味のものも、たっぷりと収納できる

  • 3世代家族の笑顔が広がる 変則工法もクリアした2世帯住宅

    子世帯の子ども部屋はリビング隣。必ずリビングを通って部屋へ行くよう、階段の位置にはこだわった。窓際の木馬はOさんの手づくり

  • 3世代家族の笑顔が広がる 変則工法もクリアした2世帯住宅

    キッチン越しにリビング方向を見る(子世帯)

異なるニーズをスタイリッシュに1軒の中にまとめて

3世代家族の笑顔が広がる 変則工法もクリアした2世帯住宅

 将来は息子さん夫婦との2軒の家を建てようと約150坪の宅地を取得していたOさん。しかし、別々に建てるとどうしてもどちらも延べ床面積が限られるため、玄関も完全に分離し干渉しすぎずに暮らせる2世帯住宅を建てることにしました。
 定年後は趣味の時間を楽しみたいという親世帯は、リビングは1階でエネルギーロスが少ないよう窓を小さめにし、外観は白を基本に庇を長くした片流れの屋根を希望。一方、子育て中の子世帯は、合理的な家事動線で大きな窓からたっぷりと陽射しを取り入れられる2階のLDKが好みで、屋根はフラット、外観は落ち着いたダークな色調と、とにかく世帯ごとに好みが大きく分かれました。
 以前の家も岡本建設で建てずっと快適に暮らせたことから、今回の家づくりも岡本建設しか考えられなかったというOさんでしたが、このそれぞれに主張が異なるオーダーに担当の高橋隼人さんもずいぶん頭を悩ませたようです。しかも親世帯の希望工法は2×6で、子世帯はより断熱性能にこだわり2×8という難問も。しかし、長年2×4工法を手がけてきた同社ならではの高い技術力と積み上げてきた実績で、こうした変則的な建築も見事にクリア。ことごとく異なるニーズがあったとは思えないほど、一体感のある洗練された家が完成しました。
 「さすが岡本さんだね」と、満足そうなOさんご一家。家族の夢が叶い、親、子、孫の3世代が毎日にぎやかに楽しく暮らしているそうです。

(住宅雑誌 Replan 95号 掲載)

 

株式会社岡本建設

〒089-0614 中川郡幕別町緑町40-32TEL:0155-54-2733 FAX:0155-54-2651