• 住宅性能をとことん追求した太陽光パネルのある住まい

住まいの南側には夏の陽射しを遮る長い庇を設け、その上に太陽光パネルをすっきりと収めて

木製の目隠しルーバーと玄関ドア、こげ茶色のサイディングが調和する玄関まわり

土間続きに家族用を別途設けた玄関。特注アイアンフレームの採光窓が、ホールに明るさを与えて

リビング続きに客間となる和室をレイアウト。間仕切り障子は壁裏にすべて収まる。右手の扉は家族玄関につながる

屋根なり天井とキッチン背面の緑の壁、アイアン使いが住まい手のこだわりを感じさせるLDK。床はナラ無垢フローリング

洗面は廊下を挟んだ向かいにあるユーティリティから独立させた。アイアンの質感を生かした洗面台まわりは造作仕上げ

造作手洗いカウンターを設けた1階トイレ。クロスや照明には、あえて遊び心のあるものをセレクト

奥さんの希望をきめ細かく反映した造作仕様のキッチン。食洗機は、使い勝手の良さでフルオープン型を採用

採光窓からの外光が降り注ぐ2階階段ホール。突き当たりは子ども室になっている

住宅性能をとことん追求した太陽光パネルのある住まい

長い転勤生活を経て故郷、十勝への異動が叶ったKさん夫妻は新築を決意しました。
「社宅の寒さやカビにずっと悩まされていたので、これからの暮らしの拠点となる新居は、
とにかく暖かな家にしたいと考えていました」と、奥さん。
性能重視の家づくりをしている十勝の施工会社を調べていたご夫妻の目に留まったのが、岡本建設でした。
「大々的に宣伝していないのに、口コミの評判がとても良いので、会社を訪ねてみました。
家づくり初心者の私たちにも分かりやすい丁寧な説明に感動しました」。
ご夫妻は、第1種換気と付加断熱を採用したフルスペック住宅の新築を希望。
岡本建設ではさらに、入居後のランニングコストを軽減できる、太陽光パネルの設置も提案しました。
今年の春に完成した新居の1階は、居間階段を中心に水まわりとLDK、予備室を配し、効率の良い回遊動線を採用。
「岡本建設が的確に私たちの要望を整理し、暮らしやすさを考えたプランを提案してくれました。
活発な子どもたちが大喜びで走り回っている様子を見るたびに、良い家ができたと嬉しくなります」。
暖房は太陽光パネルで発電した電気が利用できる寒冷地用エアコンのみ。
「暑い日に冷房を使っていても、夏の電気代は5,000円程度でした。
暖房効率がアップするハニカムスクリーンもすすめられて採用したので、
冬の暮らしがどのくらいお得で快適か、今から楽しみで仕方ありません」と、奥さんは笑顔で話してくれました。

DATA

幕別町・Kさん宅/夫婦30代、子ども3人
■建築データ
構造規模 木造(枠組壁工法)・2階建て
延床面積 延床面積138.70㎡(約41坪)
主な外部仕上げ 屋根/平成ルーフ葺、外壁/窯業系サイディング、
建具/玄関ドア:ガデリウス 木製断熱ドア、窓:エクセルシャノン 樹脂サッシ(トリプルガラス)
主な内部仕上げ 床/ナラフローリング、壁・天井/クロス
断熱仕様〈充填断熱+付加断熱〉 床下/高性能グラスウール16㎏
200㎜、壁/高性能グラスウール16㎏140㎜+ネオマボード50㎜、
天井/ブローイング18㎏500㎜、屋根/高性能グラスウール16㎏300㎜
暖房方式 エアコン・ガスファンヒーター

■工事期間
平成28年10月~平成29年4月(約6ヵ月)
メニューを閉じる