• 性能と機能性、デザイン。三拍子そろった子育ての家

白い外壁と木製ポーチ、三角屋根が調和したOさん宅の外観。この雰囲気を大切に、Oさんはカラマツ材の車庫と外物置を購入、設置した

子どもたちの「ただいま」の声がキッチンまで届く玄関。土間の右手には大容量の玄関収納が設けられている。郵便受けは施主支給

玄関から水まわりへつながる裏動線も設けられ、暮らしやすさへの配慮が隅々にまで行き渡っている

パイン材とタイルを用いた対面式キッチンは、奥さんこだわりの造作仕様。背面には容量たっぷりの食品庫も完備

キッチンには、奥さんがどうしても実現したかったという、ヘリンボーン張りのタイル壁。テーブルもヘリンボーン張りの天板で合わせた

無垢材と塗り壁、アイアンの質感を生かしたLDKは、ご夫妻が願ったとおりの開放的な雰囲気に仕上がった

リビングの吹き抜けを見下ろすブリッジ状の階段ホール。正面の個室は子ども室。家族が家のどこにいても、互いの気配が感じられる

リビング・ダイニングとつながるウッドデッキは、Oさんたっての希望。室内の気密を保つため、内側にプラストサッシを1枚追加した

性能と機能性、デザイン。三拍子そろった子育ての家

夫は「長く快適に住まえる性能の確かさ」を、妻は「素材感を生かしたデザインと暮らしやすさを兼ね備えた家」を。2年前、それぞれの思いを抱きながら、Oさんご夫妻は賃貸暮らしからの卒業を決断。「いろんな会社の家を見ましたが、最終的に住宅性能で周りの評判が最も良かった岡本建設に新築を依頼しました」と話します。

「ずっと憧れていた造作のキッチンや洗面台を実現できると聞いたのも、大きな決め手になりました」。そう語る奥さんは、3人の子どもを育てながら、仕事もしています。それだけに、家事がしやすい動線や収納レイアウトにもこだわりがあったそう。「岡本建設は、どんな小さなリクエストにも耳を傾け、親身になってさまざまなアドバイスをしてくれました」と、奥さん。

2018年3月、待望のマイホームが完成。「まだ寒い春先でしたが、家に入った瞬間から暖かくて驚きました。夏も室内は涼しく、快適です。初めて迎える冬には、定評のある性能の真価が体感できると期待しています」と、Oさん。

新居は、1階にLDKと水まわり、吹き抜けでつながる2階は家族の寝室をレイアウト。リビングから見上げる吹き抜けは開放感満点で、Oさんお気に入りのくつろぎスペースになりました。「洗面と分けた脱衣室は洗濯室も兼ね、家族の衣類をしまうウォークインクローゼットにつながっています。身支度やお洗濯を効率よくできて、忙しい朝も助かっています」と、奥さんも満足そうに話してくれました。

DATA

幕別町・Oさん宅/夫婦30代、子ども3人
■建築データ
構造規模/木造(枠組壁工法)・2階建て
延床面積/120.06㎡(約36坪)
<主な外部仕上げ> 屋根/アスファルト不燃シングル・アスファルトルーフィング、外壁/塗壁、建具/玄関ドア:木製断熱ドア、窓:木製サッシ・樹脂サッシ(トリプルガラス)
<主な内部仕上げ> 床/ナラフローリング、壁・天井/クロス
<断熱仕様 充填断熱> 基礎/押出法ポリスチレンフォーム25㎜、床下/高性能グラスウール16kg200㎜、壁/高性能グラスウール20kg140㎜、屋根/吹込グラスウール18kg500㎜
<暖房方式> エアコン

■工事期間
平成29年9月〜平成30年1月(約5ヵ月)
メニューを閉じる