• 細部へのこだわりが光るカフェテイストのかわいい家

シンプルで落ち着いた佇まいのHさん宅。南面に開口部をたくさん設けているので室内はどの部屋も明るい

玄関とポーチは、タイルひと続きで一体感をプラス

広々とした玄関ホールには、大容量のシューズクロークを確保

ご夫妻の希望どおり、カフェテイストのかわいいデザインに仕上がったLDK。家族が集うこの空間に吹き抜けが開放感を与える

大人2人で立っても余裕のある広さのキッチンは、床をタイルに。大きさの異なる2種類を使って動きのある張り方にした。「タイルにしたおかげで、掃除もしやすくてきれいに保てます」と奥さんは大満足

色や張り方の違うタイル使いで、背面や側面にアクセントをつけたキッチンは、造作の背面収納とパントリー(写真奥)のおかげで収納力も必要十分。かわいいペンダントランプなどの照明器具は、ご夫妻が直接購入したもの

キッチンと壁を挟んで洗面スペースが設けられている。ここも床はタイル

造作収納をいろいろな場所に多数つくったおかげで、小さいお子さんたちがいてもLDKはスッキリ。ダイニングとリビングのエアコン2台が家中をくまなく暖める

2階ホールに設置した物干しポールは、おしゃれに見えるようブラックに。ユーティリティやクローゼットの中も同じポールを使って統一感を持たせた

細部へのこだわりが光るカフェテイストのかわいい家

「アパート暮らしのままだと、下の子が小学生になったら机の置き場がない」。マイホームを考えはじめたきっかけを、Hさんはそう振り返ります。娘さんの小学校入学前を目標に、Hさんご家族の家づくりがスタートしました。

好みに合うかわいい注文住宅をインターネットで探しては、たくさんのオープンハウスを巡ったというご夫妻。その中でデザインが気に入って訪れた岡本建設のオープンハウスでその考えがガラッと変わりました。快適に暮らすための断熱・気密性能や光熱費との関係性などを、とてもわかりやすく熱心に説明され、そこで初めて住宅性能の大切さを認識したといいます。そのあと訪れたどの会社も岡本建設ほど納得のいく説明をしてくれなかったので、信頼できる会社だと思い新築を依頼しました。

新居は、カフェのようなかわいいお家。各所の造作収納、木とアイアンの使い分け、ガラスやタイルの種類・張り方など、ご夫妻のこだわりがたくさん詰め込まれています。岡本建設もそのこだわりがよりベストな形となるよう、プロとしてさまざまな提案を行いました。細部に至るまでいろいろこだわった甲斐あって、「建ててからこうすればよかったという後悔はまったくないです」と、ご夫妻は満足のご様子でした。

断熱性能が高いので、暖房は1階のエアコン2台のみ。当初は心配もありましたが、実際にひと冬過ごしてそれで十分と実感しました。毎冬、喘息になっていたお子さんたちも新居では症状が出なくなったといいます。キッチンでは料理をしながら、遊んでいる子どもたちを見守ることができ、吹き抜けを伝ってどこにいても家族の気配を感じられる心温かい住まいが完成しました。

DATA

芽室町・Hさん宅/夫婦30代、子ども2人
■建築データ
構造規模/木造(枠組壁工法)・2階建て
延床面積/123.17㎡(約37坪)
<主な外部仕上げ> 屋根/長尺カラートタン・アスファルトシングル、外壁/塗壁、建具/玄関ドア:木製断熱ドア、窓:樹脂サッシ(南以外トリプルガラス)
<主な内部仕上げ> 床/フローリング、壁・天井/クロス
<断熱仕様 充填断熱> 基礎/押出法ポリスチレンフォーム25㎜、床下/高性能グラスウール16㎏200㎜、壁/高性能グラスウール16㎏140㎜+ネオマフォーム50㎜、天井/吹込グラスウール18㎏500㎜
<暖房方式> ヒートポンプ式エアコン

■工事期間
平成30年7月〜12月(約5ヵ月)
メニューを閉じる