• 安心感でつながる家づくり 陽光につつまれ暖かく暮らす

広々としたリビング・ダイニングを優しく包む大開口の光。暖かいリビングで家族の時間がもっと楽しくなった

陽だまりのようなリビングは、大きい窓を通してより開放感を感じられる。窓の向こう側に設けたウッドデッキでは、夏にバーベキューを楽しむ予定

落ち着きのあるダークトーンの外観は、玄関部分に一部木を使い変化を演出

玄関を入ると正面に見えるシューズルームのドア

シューズルームは廊下と繋ぎ、動線のムダをなくした

玄関から長い廊下を進むと開放的なLDKへ

Oさんがご長男ということもあり、仏間はプランに盛り込んでおきたかった。客間としても使える和室

キッチンの背面部は全面に食器棚を設け収納力を高めた

洗面ボウルを2つ設置した、タイルがポイントの造作洗面台

2階は子ども部屋や寝室など、プライベートなゾーンに

安心感でつながる家づくり 陽光につつまれ暖かく暮らす

「数値で立証された住宅性能など、内容のある説明でした」と、 岡本建設に新築の依頼を決めた理由を話すOさん。家づくりを検討するようになって、住宅展示場には何度も足を運びましたが、どこも「ウチはおしゃれな家、建てますよ」と、表面的なことばかりを強調していて、正直「またか」とげんなりしたことがほとんどだったといいます。その点、岡本建設の「なぜ、高性能の暖かい家をつくることができるのか」という、その論理には十分納得がいき、質問に対しても、明確に分かりやすく答えられる姿勢に「一生に一度の家づくりを任せるのなら、やっぱりここしかないな」と判断したそうです。

Oさん夫妻はまだ幼いお子さんのこれからを考え、子育て環境のいい新興住宅地の土地を取得しました。プランのポイントは吹き抜けのある明るい空間。リビングの壁一面を窓にすることで、家全体に暖かい陽射しが注ぎ込む開放的な大空間が実現しました。ほかにも家の中で移動がしやすいよう、回遊できる間取りにもこだわりました。収納の充実も欠かせず、玄関にはシューズルーム、キッチンのそばにはパントリーをと、要所要所を押さえています。

性能面で数多くの実績があり、快適に暮らしているOさん家族の様子に安心感を覚えたのか、今度は奥さんのご両親が岡本建設で家を建てることになりました。「間違いなく、いい家ができる」という確信はもっと楽しい家づくりへとつながることでしょう。

DATA

帯広市・Oさん宅/夫婦30代、子ども2人
■建築データ
構造規模/木造(枠組壁工法(2×6))・2階建て
延床面積/133.27㎡(約40坪)
<主な外部仕上げ> 屋根/アスファルトシングル葺、外壁/窯業系サイディング、建具/玄関ドア:木製断熱ドア、窓:YKK AP 樹脂サッシ(トリプルガラス)
<主な内部仕上げ> 床/ナラ無垢フローリング、壁・天井/ビニールクロス
<断熱仕様 充填断熱+付加断熱> 床下/高性能グラスウール16kg200㎜、壁/高性能グラスウール16kg140㎜+アキレス ニューハウスボード50㎜、天井/ブローイング18kg500㎜
<暖房方式> エコジョーズ(ガス給湯暖房)

■工事期間
平成28年4月〜10月(約7ヵ月)
メニューを閉じる