• 薪ストーブの温もりに包まれる 自然素材の健康住宅

雑木林が点在する丘陵地に建つNさん宅。マンサード屋根が古きよき時代の田園住宅を思わせる

子ども室からリビング・ダイニングを見る。吹き抜けの照明は、奥さんお気に入りのネルソンバブルランプ・アップルペンダント。薪ストーブまわりには、ご夫妻が購入した札幌軟石を配している

吹き抜けとハイサイドライトが印象的なリビング。高さを抑えたカリモクのダイニングセットを選んで、さらなる開放感を演出

吹き抜けに面してしつらえた子ども部屋はあえて建具を入れず、階下にいても互いの気配が伝わるようにした

リビングの隣に和室をレイアウト。L字の吊り障子を開け放てば、広がり感がさらにアップ

対面式キッチンのカウンターは高さを抑え、リビング側に本棚を造作。家事をしながら、親子の会話も楽しめる

キッチンの食器棚には、Nさん所有のレトロな型押しガラスをはめ込んで。正面の扉は、階段下を利用した食品庫

ユーティリティの洗面台も造作仕様。落ち着いた色合いのモザイクタイルが、木の質感に良く映えている

階段の脇には、本棚のあるキッチンカウンターと一体化したパソコンデスクを設置。リビングは家族の書斎も兼ねる

2階の天井はすべてレッドシダー張り。客間として設けた洋室は、造作建具で吹き抜けと間仕切りが可能

薪ストーブの温もりに包まれる 自然素材の健康住宅

「自然に囲まれた土地で、好きなモノに囲まれて暮らしたい」と考えていたNさんご夫妻。新築に向けて思い描いたのは、自然素材を多用したマンサード屋根の家。暖房には薪ストーブを採用し、照明は自分たちの好みに合うものにしたい。そうした想いを共有できる依頼先を探していたご夫妻が見つけたのが、岡本建設のホームページでした。「健康に配慮した材料を多く使った家づくりは、私たちと波長が合うと直感。実際、岡本建設さんは私たちが描いたつたない図面の意図をよく理解したうえで、プロらしい提案をたくさんしてくれました。また、住宅性能についても丁寧に説明してくれて、信頼感がより増しました」。

岡本建設と二人三脚で実現した新居は、自然の地形や木々を生かして配置されました。大開口から雑木林を望むLDKには、念願の薪ストーブを設置。「2階天井には、岡本建設さんの提案でレッドシダーを採用しました。温かな木目が空間のアクセントにもなり、僕らのイメージを超えた住まいができました」とNさん。子育て中の奥さんが一日の大半を過ごすキッチンも造作仕様。収納棚に加えて食品庫が設けられ、使い勝手が抜群だそう。「薪ストーブで煮込み料理もでき、料理がさらに好きになりました」。広い敷地を生かし、春には庭や菜園をつくり始める予定。「庭の緑が育つほどに、暮らしにさまざまな彩りが加わり、家で過ごす時間がより楽しくなりそうです」と奥さんは期待に胸を膨らませています。

DATA

芽室町・Nさん宅/夫婦30代、子ども1人
■建築データ
構造規模/木造(枠組壁工法)・2階建て
延床面積/115.09㎡(約34坪)
<主な外部仕上げ> 屋根/アスファルトシングル葺、外壁/木製パネル・塗壁、建具/玄関ドア:木製断熱ドア、窓:樹脂サッシ
<主な内部仕上げ> 床/フローリング、壁・天井/塗壁 一部ビニールクロス
<断熱仕様 充填断熱> 床下/高性能グラスウール16kg200㎜、壁/高性能グラスウール16kg140㎜、天井/吹込グラスウール18kg500㎜、屋根/吹込グラスウール18kg300㎜
<暖房方式> 薪ストーブ・寒冷地型エアコン

■工事期間
平成28年6月〜11月(約5ヵ月)
メニューを閉じる