チャコールグレーの窯業系サイディングとスギ材を組み合わせ、大小の三角屋根を重ねた外観が落ち着いた印象

2階に設けられた予備室は造作の吊り障子を採用し、和風の趣を加えた。2階にはこのほか、子ども室が2つ設けられている

カバ無垢床と白壁でシンプルに整えた明るい玄関。左手にはベビーカーまで楽々収納できるファミリークロークがある

洗濯室と洗面脱衣室を兼ねるユーティリティは、ウォークインクローゼット、主寝室へと続いている。天板を広く採った造作洗面台はアイロンがけから化粧まで多目的に使える

キッチン右手の扉を開けると主寝室。「ダイニングテーブルでパソコンを開き、持ち帰った仕事をすることもあります。間仕切りのないLDKが、わが家の暮らしの中心です」とMさん

家事をしながら寝ている赤ちゃんの様子やテレビを見られるキッチン。「動線にストレスがないので、慣れない育児も楽しくできます」

ダイニングの壁にはキッチンの面材やデザインと合わせた収納を造作。天井下には造作の間接照明が備えられている

TOCLASのシステムを採用した対面式キッチンと背面収納。キッチン奥の引き戸を開けると、ユーティリティ

充填断熱140ミリに加え、外側にもさらに140ミリの付加断熱を施工

1階に生活機能を集約した効率のいい住まい

昨年10月、幕別町の住宅街に完成したMさんの家は、木造2階建て。LDKと主寝室、クローゼット、水まわりを回遊動線で結んだ1階が、ご夫妻のお気に入りです。「キッチンで食事の準備をしながら、洗濯機を回し、乾いた衣類の片付けもできる。共働きなので、家事が負担に感じないよう、平屋のように1階だけで日常生活が完結できる空間レイアウトにしました」と奥さん。

2年前、ご夫妻は消費税の増税を機に新築を決断し、賃貸で住み慣れていた幕別町で土地を購入。「通勤の利便性に加え、将来の育児環境や予算的にも希望どおりでした」。唯一、氷点下20℃まで下がる冬の気候が心配だったそう。そこで、暖かな家づくりで定評のあった岡本建設に新築を依頼。「妻が寒がりなこともあり、温めた空気を逃がさない燃費のいい住まいにしたいと考えました」。岡本建設では、その希望に応えるべく外部貫通部分をコーキングで念入りに施工した結果、目標気密測定値を上回る気密性能値を実現しました。

新居はエコキュートを採用したオール電化。1階の主暖房はエアコンです。南面に断熱性能に優れた大型サッシを採用したので、天気が良い日は真冬でも暖房は不要。2階は、必要な部屋だけを暖めるパネルヒーターのみを設置し、無駄のない暖房計画を採用しました。

「文字どおり、燃費のいい住まいなので電気代も負担に感じません。理想的な住まいを実現し、引っ越しから間もなく第一子が誕生。人生の喜びが2倍に膨らみました」。

DATA

幕別町・Mさん宅/夫婦30代、子ども1人
■建築データ
構造規模/木造(枠組壁工法)・2階建て
延床面積/121.10㎡(約36坪)
<主な外部仕上げ> 屋根/アスファルトシングル、外壁/サイディング塗装板、建具/玄関ドア:ガデリウス 木製断熱ドア、窓:エクセルシャノン 樹脂サッシ(ペアガラス)
<主な内部仕上げ> 床/フロア合板・カーペット、壁・天井/ビニールクロス
<断熱仕様 充填断熱+付加断熱> 床下/高性能グラスウール16kg200㎜、壁/高性能グラスウール16kg140㎜+140㎜、屋根/高性能グラスウール16kg400㎜
<暖房方式> エアコン+電気パネルヒーター

■工事期間
平成26年4月~10月(約6ヵ月)
メニューを閉じる