大中小の立方体を並べたような、個性的な外観が目を引くKさんの家。
シャープな外観に淡い色調がやさしいニュアンスを与えている

家族だんらんの中心となるリビングは、壁付けでソファを設置することを前提に設計。「天井が高くて、ここに座っていると本当に落ち着くんです」と、Kさん。置き家具不要の充実した造作収納も、すっきりとした空間づくりの陰の立役者

高い天井のリビングは、外からの目線を遮りながら外光を採り入れる開口が随所に。
モダンで機能的なテレビ台と収納棚を造作でしつらえ、広々としたくつろぎ空間のアクセントに

玄関からLDK、主寝室につながる廊下には、大容量の造作収納棚がある。壁と一体化するシンプルな引き戸を採用して、空間をすっきりと見せている

白を生かしたLDKに対し、主寝室やトイレは落ち着きのあるダークトーンを基調に。トイレには大胆な花柄の壁紙を採用し、個性的な空間に仕上げた

キッチンと直結するユーティリティは、洗面と脱衣を分離。造作洗面台は「広くゆったりとした造りが使いやすい」と、奥さんのお気に入り

リビングを一望するキッチンには、大型壁式収納や食洗機も備えられ、いつでもすっきり。「食洗機のおかげで水道代の節約にもなり、後片づけが楽なので、料理が楽しくなりました」

2階には、物干し場にもなる日当たり抜群の多目的ホールも設けられている。廊下を中心に東西に2つの子ども室がある

リビングと間仕切りなくつながる玄関。冬の冷たい外気が流れ込まないよう、たたき横の壁に、温度変化で稼働するパネルヒーターを設置

長く心地よく住まうために

ストレスのない住環境を実現した永住仕様の家

「娘の小学校入学を機にマイホームを建て、より落ち着いた暮らしをしたい」と、1年前に新築を決めたKさん夫妻。もともとの生活圏で80坪の土地を早速入手し、岡本建設に家づくりを依頼しました。「友人に紹介されて相談に出掛けました。親身になって、きめ細かな提案をしてくれたので、新居の具体的なイメージがすぐに浮かびました」。

奥さんの希望をふんだんに採り入れた新居は、木造2階建て。1階はLDKと水まわり、主寝室を回遊動線で結び、将来はワンフロアでも生活ができるよう配慮。また、キッチン脇に子ども室のある2階へつながる階段を設け、娘さんがどこに居ても気配が伝わるよう工夫しました。

今年1月、待望の新居に引っ越し。寒さが最も厳しい時期でしたが、新居はどこへ行っても暖かく快適で驚いたとか。さらに、エアコンとパネルヒーター併用のオール電化の家でありながら想像よりも光熱費が安いことも、嬉しい誤算だったそう。「旧居よりも倍以上広いのに、我慢は不要。ストレスがありません。住宅性能の違いってこういうところに出るんですね。なるほど、友人が岡本建設を勧めた理由が改めて実感できました」。

長く飽きず、快適に住まうために、白と茶を基調にシンプルな内装でまとめ、床にはナラ無垢材のフローリングを採用。「贅沢かなと最後まで迷いましたが、足触りがやわらかく温かです。長い目で見れば堅実な選択でした」。表情豊かな木目が楽しめるナラの床は、暮らしの痕跡を刻みながら、味わいを増していくことでしょう。

DATA

幕別町・Kさん宅/夫婦30代、子ども1人
■建築データ
構造規模/木造(枠組壁工法)・2階建て
延床面積/122.60㎡(約37坪)
<主な外部仕上げ> 屋根/平成ルーフ、外壁/サイディング、建具/玄関ドア:LIXIL 断熱ドア グルエ、窓:エクセルシャノン 樹脂サッシ(トリプルガラス)
<主な内部仕上げ> 床/ナラフローリング、壁・天井/クロス
<断熱仕様 充填断熱+付加断熱> 床下/高性能グラスウール16kg200㎜、壁/高性能グラスウール16kg140㎜+ニューハウスボード50㎜、天井/ニューブローエース13kg600㎜
<暖房方式> エアコン+パネルヒーター

■工事期間
平成25年5月~10月(約5ヵ月)
メニューを閉じる