リビング・ダイニングのある南面には「岡本建設の施工事例を見て、新居にぜひ採用したかった」というご夫妻の要望に応え、濡れ縁風のサンデッキを造作

外壁にはガルバリウム鋼板とレンガタイル、木材など多彩な素材を用い、シンプルなフォルムに変化をつけた

硬質なガルバリウム鋼板と温かみのある木が美しいコントラストを描く玄関ポーチ。夜は地窓から室内の灯りがこぼれる

造作スウィングドアを設けたシューズルームは水まわり、パントリー、キッチンへと動線がつながっている

シューズルームの隣は、洗面スペース。木製扉やタイルが可愛い洗面台も造作仕様

玄関から2つの個室へ延びる廊下には、地窓を採用。細長い開口からこぼれる外光が足元をやさしく照らす

勾配天井を採用した開放感たっぷりのLDKを、グリーンのアクセントウォールとアイアンの黒が引き締めて。ダイニングの照明やテーブルは、岡本建設がご夫妻の好みに合いそうなものを見つけて提案

キッチンは、奥さんが憧れていた造作カウンター収納を備えた対面式を実現。「リビングとの一体感があって、家事も楽しくなりました」と奥さん

くつろぎスペースのリビングに隣接して主寝室が配置されている

デザインと性能を追求したZEH仕様の平屋住宅

2年程前、消費税増税を見据えて、マイホーム取得を検討し始めたというKさんご夫妻。当初は中古住宅のリノベーションを想定していましたが良い物件に恵まれず、新築に方向転換。職場や奥さんの実家がある池田町で土地を購入したご夫妻は、新築依頼先をインターネットで調べました。「長く住むなら平屋が一番と、職場でよく聞かされていた」というご夫妻の目に留まったのが、岡本建設の住まいでした。

「相談に出掛けたら、長く住むには住宅性能も大切と分かりやすく教えてもらい、一気に新築が現実になりました」とKさん。そしてご夫妻は、最高ランクの住宅性能に太陽光発電を組み合わせたZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)での新築を決断。「性能アップの提案だけではなく、岡本建設はインテリアについてもきめ細かなアドバイスをしてくれて、私たちの好みにぴったりの家具や照明などを探してくれました。毎回の打ち合わせがとても楽しみでした」と、奥さんは当時を振り返ります。

2019年7月、ご夫妻の思い描いたとおりの平屋の住まいが完成。「スターバックスの店内をお手本にした」という住まいは、ヴィンテージ風のインテリアでまとめられています。新居の設備はすべて、太陽光発電利用を前提にしたオール電化。「将来的には蓄電池の採用も検討し、光熱費ゼロの暮らしを目指したいと思います。ゆくゆくは電気自動車への買い替えも考えています」とKさんは、嬉しそうに話してくれました。

DATA

池田町・Kさん宅/夫婦30代
■建築データ
構造規模/木造(枠組壁工法)・平屋建て
延床面積/101.30㎡(約30坪)
<主な外部仕上げ> 屋根/長尺カラートタン、外壁/金属サイディング 一部タイル張、建具/玄関ドア:木製断熱ドア、窓:樹脂サッシ(Low-E・トリプルガラス)
<主な内部仕上げ> 床/ナラ無垢フローリング、壁・天井/ビニールクロス
<断熱仕様 充填断熱+付加断熱> 基礎/押出法ポリスチレンフォーム25㎜、床下/高性能グラスウール16kg200㎜、壁/高性能グラスウール16kg140㎜+フェノールフォーム45㎜、天井/吹込グラスウール18kg500㎜
<暖房方式> エアコン

■工事期間
平成31年3月〜令和元年9月(約6ヵ月)
メニューを閉じる