福寿草が・・・

幕別町で春をみっけちゃいました。

いつも歩くコースのよその方の庭で、内の嫁さんとその仲間たちが

昨日発見しました。

わたしはそれを聞いて、デジカメで撮影しました。

花言葉は永久の幸福、思い出、幸福を招く、祝福

福寿草は、属名をアドニスといいます。ギリシャ神話でヴィーナスが愛した美少年アドニスはイノシシに殺され他時、その傷口から出た血がアドニスの花になったというギリシャ神話にちなんでいます。これは、鮮烈な赤い花を咲かせるアキザキフクジュソウや西洋福寿草といわれる種類です。

日本のものは、ほとんどが黄色い透き通ったような光沢の花びらです。北海道のアイヌ民族には、黄色い福寿草の伝説が多くあります。ひとつは、低い天上を支配する神の娘の化身という伝説です。

福寿草の根にはアドニトキシンという毒成分が含まれています。

月別アーカイブ