域型住宅ブランド化事業の採択結果

地域住宅ブランド事業の採択結果のの内容が7月末でなく、、、昨日8月6日、、、に初表されました、、、内容は下記に記載されています。

期待に反して補助金の少なさに、、、唖然、、、十勝2x4協会では8戸分、、、アース21では17戸分でした、、、北方型ECO推進協議会は119戸分

さぁ~これから始まる争奪戦、、、仁義なき戦い、、、か

この事業に採択されることを願って、その建物に対するスペックもかなり上げています、、、ハードルも高くどうするのだろう、、、と頭を抱えるところも出てくるだろうと推測

国土交通省は6日、2012年度地域型住宅ブランド化事業第1回公募の採択結果を発表した。それによるとグループ応募総数592のうち採択されたのは363グループで、全採択グループへの総配分額を戸あたり最大120万円の補助限度額で割った、採択グループ全ての利用可能な最少戸数は4596戸だった。採択グループ数の多さ及び採択グループに所属する施工事業者(=実際に住宅の建築に携わる地域工務店)の数の多さから、最大補助限度枠で事業を活用すると、多くの採択グループで1施工事業者1戸の利用ができないものとみられる。

 国交省では上記の点に配慮。採択グループのうち、申請当時のグループ内の補助限度額を引き下げたい意向を持つグループについて、補助限度額引き下げ登録手続きを17日17時(必着)まで受け付ける。例えば当該グループ全体の配分額が480万円の場合、最大補助限度額が120万円の設定だと活用可能戸数は4戸だが、仮に限度額を60万円へと低く再設定すると、グループ内で8戸の活用が可能になる。同事業は来月9月以降に第2回公募が予定されている。

2012年8月9日付3面掲載予定記事の一部を抜粋

月別アーカイブ