フェイスブックから

FBのページからコピーをさせて頂きました、、、

2030年 そのとき日本は?未来はどうなる?

シエアってことかなぁ~

現在の建築業の実体です、、、田舎では少し違いますが

資材高騰と人材不足はそのような感じです。(ー_ー)

 

 

【 好況なのに苦境 アベノミクス効果ねじれる建設業 】

長く低迷が続いてきた建設業界は、アベノミクスによる

公共事業の増加と不動産市場の回復、

さらに2020年の東京オリンピックの開催に向けた特需と

好条件が重なっています。

それにも関わらず業界は苦境なのだそうです。

それは、なぜなのでしょうか?

現在、建設業界は、資材高騰と人材不足という二重苦に

悩ませれているのです。

しかも、これらはアベノミクスに原因があるというのです。

まず、資材高騰はどうなのか。

安倍政権が災害に強い国を目指す

「国土強靭(きょうじん)化」を掲げて、

削減が続いていた公共事業を復活に転じました。

そして、東日本大震災の復興事業が本格化して資材の供給が

不足気味になり価格が高騰しました。

さらにアベノミクスによる円安が追い打ちをかけています。

次に、人材不足はと言えば、

建設業界が長く低迷を続けていた頃に、建設業の各社は

リストラをしてしまったのです。

そこへ、「国土強靭化」の政策により、受注が増えて

今となっては、人材が足りないと言うわけです。

さらに、東京オリンピックの開催が決まり、

資材不足と円安による価格の高騰、人材不足は

深刻化する一方です。

外国人労働者を雇っても間に合わないそうです。

今後、建設業界はどうなってしまうのでしょうか? 
 
 
参考記事:好況なのに苦境 アベノミクス効果ねじれる建設業
     (ヤフー)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140412-00075005-kana-l14

【 好況なのに苦境 アベノミクス効果ねじれる建設業 】
 
長く低迷が続いてきた建設業界は、アベノミクスによる

公共事業の増加と不動産市場の回復、

さらに2020年の東京オリンピックの開催に向けた特需と

好条件が重なっています。

それにも関わらず業界は苦境なのだそうです。

それは、なぜなのでしょうか?

現在、建設業界は、資材高騰と人材不足という二重苦に

悩ませれているのです。

しかも、これらはアベノミクスに原因があるというのです。

まず、資材高騰はどうなのか。

安倍政権が災害に強い国を目指す

「国土強靭(きょうじん)化」を掲げて、

削減が続いていた公共事業を復活に転じました。

そして、東日本大震災の復興事業が本格化して資材の供給が

不足気味になり価格が高騰しました。

さらにアベノミクスによる円安が追い打ちをかけています。

次に、人材不足はと言えば、

建設業界が長く低迷を続けていた頃に、建設業の各社は

リストラをしてしまったのです。

そこへ、「国土強靭化」の政策により、受注が増えて

今となっては、人材が足りないと言うわけです。

さらに、東京オリンピックの開催が決まり、

資材不足と円安による価格の高騰、人材不足は

深刻化する一方です。

外国人労働者を雇っても間に合わないそうです。

今後、建設業界はどうなってしまうのでしょうか? 
 
 
参考記事:好況なのに苦境 アベノミクス効果ねじれる建設業
     (ヤフー)
 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140412-00075005-kana-l14

月別アーカイブ