耐震等級3で安心安全を

災害は忘れたころにやってくる(忘れてはいませんよ10年前の3.11)13日の23時過ぎに、福島・宮城を中心とする地震が発生、震度6強、、、幸いに大きな津波はなかったのでまずは安堵、でも被害は甚大。

多くの方が10年前の震災の経験から早期に避難所へ移動したようですね、、、コロナ禍の中、躊躇された方も多々あるかと思います、、、報道で見ると3密を避けての取組みは評価できますが、でも寒かったようですね。

十勝も巨大地震の可能性が予測されています、、、したがって地震に強いとされる2x4工法の住宅に取り組みましたが、、、熊本地震で震度7が2回発生時、耐震等級3に建物は簡単な補修程度で住み続けられるとのことが分かり昨年の後半より岡本建設の標準仕様としました。(ただし住宅の仕様による)

ハードルは高いです、特に積雪1.3mの当地は耐震等級2よりも、耐力壁の量が多く金物は2倍にしないとならないです、、、それでも安心安全を担保できるならと挑戦しています。(専務記)

工事日誌は下記からです

音更町大通のS様宅(2×6付加断熱)

Q値=0.85 UA値=0.21

昨日北電の通電検査が終わり、美装工事になっています、、、この後棚類の取り付け・火災報知器の取り付け等を行いながらキズ・不具合のチェックを行います。

音更町下士幌のY様宅(2×6付加断熱)ZEH

Q値=0.76 UA値=0.24

外部は屋根の上に太陽光発電が設置されました、、、内部は造作工事中、上下階ともフロアー貼りが行われています、内部の足場を外したので吹き抜けの広さが分かります。

鹿追町瓜幕のS様宅(2×6付加断熱)ZEH

Q値=0.88 UA値=0.22

フレーミング工事が完了して、大工さんきれいに掃除をして次にバトンタッチ、、、現在は下工事で設備と電気工事が行われています、外部は屋根工事が始まっています。

幕別町南町のS様宅(2×6付加断熱)

Q値=0.82 UA値=0.22

昨日から建て込みが始まりました、午後から雪また雨でシートで養生して早じまい、、、今朝から2階床ネタの固定と合板貼り、強風になってきたので床合板貼りはどうなるのか。

幕別町旭町のS様宅(2×6付加断熱)

Q値=0.69 UA値=0.24

引き続き現場は養生中です、、、作業場では2×4材のカット組み立てが始まっています。

 

帯広市西7条のM様宅(2×6付加断熱)

Q値=0.72 UA値=0.23

引き続き養生中です。

月別アーカイブ

メニューを閉じる