「北方型住宅」で暖かな暮らしを

こんにちは、渉です。
土曜日の工事日誌となります。

今日は十勝晴れになりそうな天気で気温も上がりそうですね。
気づけば2月も半ば、寒さのピークは越えたのでしょうか??

振り返るにはまだ早いかもしれませんが、例年以上に寒さの厳しい冬でした。

気候の厳しい北海道では、安心で高性能な住宅を目指し道が定めている「北方型住宅」という基準があります。
2005年には明確な基準が定められ、以降時代背景に合わせて性能値など基準がアップデートされています。
現在は「北方型住宅2020」という基準が定められています。

そしてカーボンニュートラルの実現を目指し、「北方型住宅ZERO」という新たな基準が設けられます。
太陽光などの再生エネルギーの活用、更なる断熱性能の向上などが盛り込まれています。

やっぱり極寒の十勝ですから、何はともあれ暖かい家に住みたいですよね!

当社ももちろんより省エネで高性能な住宅を日々追及しているわけですが、
北海道で建てられる住宅が全て「北方型住宅」規格になる日がくればいいですよね。

それでは工事の進捗状況です。

中札内村のO様宅(2×6付加断熱)ZEH

UA値=0.23

仕上げ工事は美装工事が終了、カーテン・コーキング工事も昨日終わっています。
これから棚付けなどの最終仕上げ工事に入ります。
来週の土曜は完成現場見学会を開催します!

幕別町札内のS様宅(2×6付加断熱)ZEH

UA値=0.22

こちらの仕上げ工事も佳境に入っています。
電気・設備工事が大筋終了、建具工事も行われています。
来週美装が入り、最終仕上げ工事へ入ります。

幕別町忠類のS様宅(2×6付加断熱)ZEH Oriented

UA値=0.22

外部は引き続きサイディングを施工しています。
内部も引き続き石膏ボード貼り、天井ブローイング断熱も施工されました。
ユニットバスも施工済、来週本格的な造作工事に入ります。

幕別町札内のT様宅(2×6付加断熱)ZEH

UA値=0.23

断熱工事が終了、気密工事も大筋終了しています。
続いて石膏ボード貼りが2Fからスタートしています。

幕別町札内のF様宅(2×6付加断熱)ZEH

UA値=0.22

引き続きフレーミング工事中。
サッシが取り付けられて屋根軒天材も施工済、現在は外壁材の下地木材の施工中です。

豊頃町のE様宅(2×6付加断熱)ZEH

UA値=0.21

引き続き養生中。
加工場での木材カットは大筋終了、建込のタイミング調整中です。

月別アーカイブ