2022年は課題満載

岡本建設昨日10日から新年あけました、、、オミクロン株などのコロナショックとウッドショックから資材ショックは今年の重要課題でしょうか。

さらに続きがあって弱い円と兪やされていますが、円安による輸入商品のコストアップも悩みの種ですね、、、日本は20年続いたデフレ、2022はインフレへの圧力が高まりつつありこれも気になります。

それらから見えてくるのが生き残りですね、、、岡本建設-20℃越えの北海道十勝で試された高断熱高気密の技術と進化した2×4工法を武器として難題に挑戦しなければなりませんね。

お客様にとっては頭の痛い建築費の高騰等もありますが、、、住宅ローンの超低金利と控除率は下がったが住宅ローン減税、更には脱炭素を目的とした省エネ住宅の補助金「こどもみらい住宅支援事業」も後押になるのか。

帯広市西13条のO様宅(2×6付加断熱)ZEH

Q値=0.98 UA値=0.21

内装仕上げ工事中のクロス工事から2022年が始まりました、、、まずは石膏ボードの不陸調整のパテ処理から、そして今日内部のタイル工事も行われています。

幕別町札内のN様宅(2×6付加断熱平屋

Q値=1.03 UA値=0.22

昨年からの外部コーキング処理の残りが昨日終了です、足場が積もった雪の中外します予定が18日、、、内部は造作工事が継続中です。

帯広市西21条のS様宅(2×6付加断熱)ZEH

Q値=0.89 UA値=0.22

外部サイディングは予定通り4日から始まり、今夜からの大雪の前にほぼ終了、、、内部は石膏ボード貼りが行われ、本格的な造作工事に突入です。

帯広市西17条のS様宅(2×6付加断熱)ZEH

Q値=0.70 UA値=0.22

正月明けの屋根工事は全く手が付けられていませんでした、、、内部はボードの下地、取り付けられる収納等の下地付け、合わせ柱の不陸のプレーナ掛けなどが行われています。

帯広市西10条のT様宅(2×6付加断熱)ZEH

Q値=0.81 UA値=0.21

年明けて足場がかけられました、、、17日から建て込みの予定ですが大雪におびえながらその流れを見て判断する様です。

 

幕別町旭町のM様宅(2×6付加断熱)ZEH

Q値=0.8 UA値=0.21

少しの間冬眠します、、、岡本建設の作業場で来週から2×4材の組み立てカットが始まります。

音更町鈴蘭のY様宅(2×6付加断熱)ZEH

Q値=0.84 UA値=0.21

年前に天端均しを終えて一旦養生、、、10日から墨出しと土台敷きが始まったが今夜からの大雪で再びシート養生です、、、止みしだい床まで施工し再養生。

月別アーカイブ

メニューを閉じる